金鉱株と金価格の関係

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

金鉱株とは主に金の採掘や精錬などを行う企業の株式を言います。以下のグラフからもわかるように金鉱株の値動きは、基本的には金価格と同じ方向に動く傾向が見られる。

他に金鉱株の値動きの特徴としては、金価格の値動きに先んじて動いていることと、金価格上昇時も下降時に金価格の2〜3倍の値動きをしており、ボラティリティ(価格変動率)が高いという点です。ただ、短期的にみるとかならずしも金価格の動きにスライドしない点もあるので注意したい。

金鉱株が金価格より値動きが大きいのには理由があります。

金鉱山会社が金を採掘するコストは金の価格いかんにかかわらずほぼ一定です。このため、金の価格がその会社の採掘コスト以上になると値上がり分はそのまま金鉱山会社の利益になるのです。これを「梃作用効果」といっています。この収益構造を反映して株価は金価格の上昇以上に値上がりする傾向があるのです。

もちろん、金価格がコスト以下に値下がりするときは「梃作用効果」が逆に働き、株価の値下がりが増幅されます。また、金鉱山会社は将来金価格が値下がりしそうだと予想するときは金の先物を売って収益の安定化を図ろうとすることもあります。こ

のような要因によって、金鉱山株は金価格の変動より大きく変動するのです。

ブログランキングでTOPを目指しコンテンツ充実邁進します!応援して下さる方は、是非、ポチッ!と押して下さい!! にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ