欧州、財政不安が再燃

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

■ 前日の市況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●株式
中国 上海A株
3,297.16
(+34.10)

香港ハンセン 
24,700.30
(+199.69)

ドイツDAX指数 
6,723.41
(+3.57)

NYダウ 
11,283.10
(-73.94)

日経平均 
9,861.46
(+30.94)

日経225先物(シカゴ) 
9,865
(-10.00)

●為替
通貨の強弱(弱→強)
(ユーロ→円→ドル)

ドル−円
82.49
(+0.26)

ユーロ−円
112.63
(-0.69)

ユーロ−ドル
1.3654
(-0.0125)

●債券
米国10年債 
2.65%
(-0.00%)

日本10年債 
1.01%
(+0.01%)

●商品
NYMEX原油先物
87.73
(+0.04)

NYMEX金先物
1,402.50
(+7.60)

■ 前日の相場のコメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(アジア)
・中国株、香港株とも上昇。

・中国に対するムーディーズの格上げや
力強い景気拡大を背景に上昇。

・ただ、10月のインフレ率が25ヶ月ぶり
の高水準となったこと、銀行の新規融資
が急増していることで、さらなる金融引
き締め観測が高まっている。

(欧州)
・欧州株は下落。

・アイルランド債務問題をめぐる懸念か
ら、スペイン、ポルトガル、イタリアな
ど周辺国の株式が軒並み下落した。

(米国)
・米国株は下落。

・シスコシステムズの業績見通しが市場
予想を大幅に下回ったことを嫌気して、
同社株は一時17%安となり、ハイテク株中
心に相場全体を圧迫している。

(まとめ)
・欧州の財政不安が再燃している。

・アイルランドの10年物国債利回りは、
9%超と2週間で2%も上昇、ポルトガルも
7.3%を超え、過去最高を更新した。

・きっかけは、アイルランドの景気の一
段の低迷で、税収が減り、財政健全化実
現への不安が高まったことである。

・ポルトガルも同様、政府の不安定化で
財政健全化が遅れるとの見方が強まった。

・これらの不安の連鎖が、欧州で過大な
債務を抱える国々に広がっている。

・今年5月の債務危機の際には、市場の
不安を抑えるため、欧州金融安定基金を
4,400億ユーロ規模で設けた。

・これがあるため、金融危機に広がるこ
とはないだろうが、逆に各債務国も根本
的治療で健康体に戻るまでも時間を要す
ことから、今後もユーロ不安が起こりは
消えという流れを繰り返すであろう。

・そして、輸出立国のドイツがこのユー
ロ不安によるユーロ安で、更に好調な経
済を維持していき、貿易黒字を積み上げ
るであろう。

・ドイツ、中国は通貨安を利用して、巨
額な貿易黒字を積み上げる一方、米国は
巨額な貿易赤字を積み上げる、この貿易
収支の不均衡は今後も続く。

・今回の米国の巨額なドル安政策は、
ユーロ、中国の通貨安に阻まれ、ドイツ、
中国には大した打撃を与えることはでき
ないであろう。

・そのかわり、その付けが、他の小国や
新興国にまわされることになり、これが
世界の不安をさらに掻き立てることに
なる。

・G20で、通貨安戦争は休戦しているが、
今後更に戦いは激しくなっていくであろ
う。

・決して今の流動性相場を楽観視しては
いけないと思う。