DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

中国経済が米国を超えた?

米中の首脳会談や昨日のマーケットの動きをみていると、中国の世界経済に与える影響力は非常に大きいということを改めて見せつけられた。

米中首脳会談は、あのオバマ大統領が中国の経済成長の恩恵に預かりたいがために、中国にすり寄って、それを苦々しい顔で見ている余裕の胡主席といった印象であった。

マーケットでも中国にインフレ懸念が出ただけで、先進国も含め世界の株式がどこも売られるといった状況だ。

中国の世界への影響力は絶大でゆるぎないものになったとの現実は素直に受け止めるべきであろう。

米ピーターソン国際経済研究所の試算によると、物価や為替の影響を除いた購買力平価ベースの中国の名目GDPは14.8兆ドルに達し、14.6兆ドルの米国を超えたという。

今は人民元が過度に安く抑えられおり、見かけはその半分くらいのGDPとなっているが、実態は既に米国を超えているということ。

これがあっているかどうかは別として近い将来そうなることは、間違いであろう。

尖閣の問題等で中国嫌いの方も増えていると思うが、ビジネスや投資の観点からはそう言っていられないといった状況ということ。

今年は中国株は調整を続けると思うが、逆に割安に買えるチャンスでもあるので、人民元建てで株式を購入してみてはいかがかでしょうか。
(香港ドル建てだとドル安の影響を受けて為替損になる可能性が高いので、人民元建てでの購入をお薦めします。)