DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

プライマリーバランス(PB)の黒字化は必要か?

日本は借金が多く、このままでいくと破綻してしまう。

財政を健全化しよう。

そのためには、毎年の財政を黒字化しなければいけない。

といった話が、新聞等で頻繁に叫ばれています。

 

コロナになって、トーンダウンしていますが、政府は2025年度までにプライマリーバランスを黒字化するという目標は堅持しています。

 

プライマリーバランスの黒字化とは、簡単にいうと、その年の 歳出(借金返済の支出は除く)を税収で賄える状態(歳出>税収)を指します。国が使うお金を国に入ってくる税収の範囲内に収めたのだから、黒字ということです。

 

これって、モズラーの名刺の例えで考えると、とんでもないことを目指しているということがわかります。

 

統合政府である両親 と 民間の子供たち3人 がいました。

両親は1,080枚の名刺を発行しており、子供たちは1人あたり360枚の名刺を保有しております。

 

これまでの9年間、税金は 毎月1人あたり名刺10枚です。1年間で120枚になります。両親は毎年480枚の名刺を発行(歳出)していました。

両親のプライマリーバランスは 毎年 120枚の赤字です(360枚-480枚)。

ただ、子供たちは、毎年120枚の黒字(1人あたり40枚の黒字)で民間の名刺が毎年120枚ずつ増えていました。

9年間で両親は1,080枚の名刺を発行し、子供たちは1人あたり360枚、計1,080枚の名刺を保有できました。

 

ここで、両親は毎年子供たちの名刺が増えるのは、子供の教育にとって良くない?名刺が増えすぎて印刷できない⁈(理由はわかりません)と思ったのか、プライマリーバランスを黒字化する決定をしました。

税金を毎月1人15枚(年180枚)、3人で年540枚に増税をして、名刺の発行(歳出)を360枚に減らしました。

プライマリーバランス= 540枚(税収)-360枚(歳出)=180枚の黒字

プライマリーバランスは、120枚の赤字から180枚の黒字に改善しました。

そして、子供たちは毎年180枚の名刺(1人60枚の名刺)を減らしていくことになりました。

 

もともと、子供たちは名刺を1,080枚(1人360枚)しか、持っていませんので、毎年180枚減らしていくペースだと、6年で名刺がすべてなくなりました。

両親も1,080枚すべての名刺を回収して、名刺(借金)もすべてなくなりました。子供は働く意欲を失い、税金も払わなくなりました。めでたしめでたし。

 

このように、両親(統合政府)の毎年の収支のマイナスは、子供たち(民間)の毎年収支のプラス という原則があります。

政府がプライマリーバランスの黒字化を目指すというのは、言い換えれば民間(家計+企業)の収支を赤字にするということです。そして、毎年民間の富を減らしていくことになります。

こんなんでは、モズラー家の子供たちのように、働く気も失せて、経済活動が低迷し、結局税収を減らしてしまうことになります。政府にとっても意図しないことですね。

 

こんな政策では、政府は赤字が削減できて良くても、経済全体は成長しません。

プライマリーバランスの黒字化は、本当に必要なのか?⇒ デフレの世の中では必要ありません。

何のためにやっているの?⇒ 理由がわかりません。教えて下さい。

 

このままでは、国民は貧困化していく一方だと思います。PB黒字化は撤回すべきです。

 

お読みいただきありがとうございます。 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村