DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

北米初のビットコインETFがカナダで上場、アメリカに波及するか?

f:id:qqqqchan:20210221063941j:plain

www.bloomberg.co.jp

2月18日、北米初のビットコインETF(パーパス・ビットコインETF:BTCC)がカナダのトロント証券取引所に上場した。初日の売買代金は174億円と活発なスタートとなった。

この商品は、裏付け資産としてビットコインを直接購入するので、このETFの価格が上がれば、ビットコインの買い需要が生まれる仕組みである。来週にはこの裏付け資産のビットコインが1,000億円規模に達する見通し。

 

このETFの上場がなぜ、注目されているだろうか。

ビットコインを実際購入するには、仮想通貨取引所に口座を作らなければならず、個人や機関投資家のハードルは高い。このETFを使えば、今使っている証券会社で株式を購入するのと同等の手続きで簡単に購入ができる。よって、間接的であれ、ビットコインを購入する投資家が広がるということだ。

 

19日には、2つ目のビットコインETF(EBIT)が、トロント証券取引所に上場した。こうして、証券取引の中心地アメリカより早くビットコインETFがカナダで誕生した。アメリカでも2018年頃から同様の動きがあるが、SECの認可は下りていない。ただ、証券取引の中心地のアメリカもこのカナダの動きを黙ってみているわけではないでだろう。

 

アメリカの証券取引所にビットコインETFが上場すると、その影響は世界的に大きなインパクトになる。実際ETFにかなりの資金流入が見込まれ、ビットコインの需要が高まり、価格も更に押し上げられるであろう。

そんな日はもう間近に迫っているのかもしれない。