DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

同じ失敗を繰り返さないように:中小型、草は買うな

f:id:qqqqchan:20210317053603p:plain

dailyhodl.com

同じ失敗を繰り返さないように、仮想通貨投資に関して自分にはいくつかの戒めがあります。

その一つが中小型コイン、草コインは買うなです。

株式投資でいえば、東証でも時価総額の小さい銘柄やマザーズ市場など新興市場に上場している銘柄などは、買わないということです。

市場全体が盛り上がり、ビットコインやイーサリアムが、10倍になったから、次の10倍銘柄を探せ、いや100倍銘柄はないのかと、時価総額の小さい銘柄(中小型コイン)や立ち上がったばかりのプロジェクトの仮想通貨(草コイン)に投資することです。

 

2017年にビットコインバブルの時を思い出します。

ビットコインが20万円くらいの時に投資していましたが、少し上がってきたところで、売却して、当時NEMやモナコインを購入します。そしてこれが爆発的に上がります。

ここで有頂天になります。僕はダイヤモンドの原石を当てたと。

そして、更に資金を投入して、次の銘柄を探し始めます。

よく知らない草コインをどんどん購入し始めます。買うものがどんどん上がります。

それはそうですよね。仮想通貨市場がバブルなのだから、何を買っても上がるのです。

自分は銘柄探しの天才でもないのに、そう思い込んでしまう。

知らないうちに多大なリスクをとってしまいます。

そして、今売却したら、すごい利益になるなと、ほくそ笑んだ瞬間にバブルは崩壊しました。

購入した中小型コイン、草コインは紙くずのような価値になり、中には潰れたプロジェクトもありました。散々な結果です。

無駄な動きはせず、20万円のビットコインを長期保有していれば、30倍にもなっていました。

 

ビットコインですら、リスクが高いのに、中小型コイン、草コインなどアルトコインはもっとリスクが高いのです。そこに多大な資金を投入しても市場が萎んだら終わりです。最初に売却される銘柄だからです。

 

今回の記事をみて、今の市場の熱狂とアルトコインのリスクを改めて考えさせられました。仮想通貨を購入するのなら、時価総額10位以内くらいの銘柄で抑えたいですね。

同じ失敗を繰り返さないように。