DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

LINEの個人情報が中国にだだ漏れか、一方、仮想通貨LINKは活況

f:id:qqqqchan:20210318053750j:plain

hashbalue.hatenablog.com

hashbalue.hatenablog.com

LINEの約8,600万人の個人情報を中国のシステム開発を委託している子会社の従業員が、自由に閲覧できる状態であったようだ。もし、この従業員に中国の共産党員がいれば、中国政府に日本の膨大な個人情報が漏れていた可能性がある。

 

まあ、今さら何を騒いでいるという感じだが、LINEに限らず、日本の大企業も中国にシステム開発を委託していたりするので、同様のことが起きているであろう。日本政府、日本の企業が無防備なだけである。

 

今回の事件で、8,600万人のユーザーを持つLINEの凄さを改めて感じた。LINEグループを企業の緊急連絡の手段として使ったり、家族でのコミュニケーション手段として使ったりと既に日本人のインフラとして成り立っっている。

 

こんな事件で脚光を浴びてしまったLINEであるが、一方で、以前紹介したLINEの仮想通貨LINKはグラフにもあるように活況だ。

紹介した時は、2,170円の価格であったが、今は13,000円になっている。ほんの2ヶ月で約6倍の高騰である。

 

ちょっと急激に上昇した感はあるが、まだLINKユーザーは数十万人の規模である。ほとんどのLINEユーザーはこのLINKという仮想通貨を持っていない。

 

今後、ヤフーとの共同で、LINEやヤフーユーザーにプロモーションとして、LINKを配っていくだろうから、さらにLINKを保有する人は増えるであろう。保有者が増えれば増えるほど、LINKの通貨価値は高まる。

 

LINEの仮想通貨LINKは、まだまだ、潜在的な価値を秘めているから、保有しておくと良い。保有してBITMAXというLINEの仮想通貨取引所に貸し出すことで、預金のように金利を貰える。LINEに預金をしている感覚で保有していて良いのではないか。

あくまで長期的な話しなので、短期的なキャピタルゲイン狙いで購入するのなら今はやめておいた方が賢明だろう。