DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

仮想通貨で不労所得を得るには?(2)ステーキング

f:id:qqqqchan:20210502164935p:plain


不労所得を得るには、大きく分けてステーキングと流動性マイニングがある。

ステーキングとは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)というマイニングの承認システムを採用しているブロックチェーンのマイニング収益の分け前をもらう方法。

どうやってやるかというと、PoSを採用している仮想通貨のシステムに、購入したその仮想通貨を預けてしまえば良い。

具体的には、ステーキングができるWalletを使うか、取引所を利用するか。

Walletであれば、バイナンス系のTrust Wallet が良いと思う。

現在だと、ALGO、KAVA、BNB、XTZ、ATOM、TRX  がステーキングできる。

一番高いのは BNBで年利23%である。

trustwallet.com

 

次に取引所なら バイナンスが良いと思う。

50銘柄と種類は豊富。SOL、DOT など最近伸びてきて銘柄もある。

フリーアカウント作成 | Binance

f:id:qqqqchan:20210502171901p:plain

どちらのやり方をするにしても、まずは、このような銘柄を購入しないといけないが、残念ながら日本で取り扱っている銘柄がほぼない。

やり方としては、日本の取引所(例えばコインチェックなど)で、ビットコインやイーサリアムなど主要な銘柄を購入し、Trust Wallet や バイナンス取引所にその購入した仮想通貨を送付した上で、ステーキングできる仮想通貨を購入するといったぐあいだ。

コインチェック

 

ステーキングはもちろんリスクは伴う。

預けている間はロックされるので、ステークした銘柄の価格下落リスクを被る。もちろん利回りも確定ではなく、あくまで予測である。

ステーキング利回りが高いからといって、マイナーなブロックチェーンに預けると、詐欺にあったりするので、気をつけた方が良い。

今だったら、BNB、DOT、SOL あたりが無難な気がする。

ステーキングは、リスクがありますので、あくまで自己責任でお願いします。