DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

コインチェックで日本初のIEO

f:id:qqqqchan:20210701050223p:plain

www.coindeskjapan.com

コインチェックという取引所で日本初のIEOが実施される。

NFTプラットフォームの決済等に利用される「Palette(パレット)」というトークンを購入する形式を取る。

 

IEOは、企業やプロジェクトがブロックチェーン上のトークン(権利書のようなもの)を発行して、簡単にコストを抑えて、資金調達をする手段である。

株式の資金調達手段によく似ている。

 

ブロックチェーンを利用した資金調達方法は、これまでは、ICOという資金調達手段が一般的であった。

これも基本は、IEOと同じような仕組みであるが、ICOの場合、発行体が事業計画書(ホワイトペーパー)をHPなどにアップして、直接投資家を募集して資金調達をする形式を取るので、詐欺が多く、問題点があった。

 

一方、IEOは発行手続きを取引所が代行する形式を取るので、その事業の審査等第三者による一定のスクリーニングがかかる。

これで、一定の詐欺を防止できるので、投資家にとってICOよりIEOの方が投資のハードルが下がることになる。

 

もちろん、取引所がそのトークンの価値上昇を保証しているわけではないので、価格下落による元本割れは十分起こりうる。

通常の上場株式投資やビットコイン等実績のある仮想通貨を購入するよりは、かなりリスクの高い投資と考えた方が良い。

 

日本最初のIEOでコインチェックも失敗できないだろうし、注目も集まっているので、短期的には儲かるチャンスはあるだろう。

 

ただ、中長期目線でいうと、よほどその事業の将来性によほどの自信がなければ購入はやめるべきだと思う。

 

それより、他にもっと実績もあり、有望な銘柄がいくつも取引所に上場しているので、そちらを狙うべきかと思うがいかがか。