DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

Trust Wallet でステーキング

f:id:qqqqchan:20210704081352p:plain

f:id:qqqqchan:20210704081328p:plain

前回、ステーキングが年間400億ドルの収益をもたらすといった話をしたが、実際にどうやってステーキングするのだろうか?

 

大きく分けて取引所とWalletの2つの方法がある。

 

取引所は、バイナンス等海外取引所を利用すれば、かなり多くの種類の仮想通貨をステーキングできるが、国内取引所だと、コインチェック、GMOコイン、bitFlyerなどでの一部銘柄に限られる。

よって、海外取引所を利用した方が良い。

 

Walletは、いくつかあるが、その中でもTrust Wallet が簡単にステーキングできておすすめです。

trustwallet.com

なぜ、おすすめかというと、操作が簡単、最大手取引所のバイナンスグループで安心、1,000万人以上の利用実績がある、日本語対応しているという点です。

 

ステーキングできる銘柄は、現在、以下の6銘柄

  • ALGO(年換算利回りAPR6.1%)※【7.9%】
  • ATOM(APR7.4%) 【9.5%】
  • TRX(APR5.1%)【4.3%】
  • BNB(APR23.1%)【7.7%】
  • KAVA(APR11.9%)【9.0%】
  • XTZ(APR6.1%)【6.7%】

 ※【 】はバイナンス取引所のステーキング30日間の利回り

 

こうして利回りだけで比べると、銘柄によってWalletがお得か、取引所がお得かがわかると思う。ただ、この利回りは、あくまで予測であり、確定ではありません。

あくまで参考値としてみてください。

 

それにしても、Trust WalletのBNBのAPR 23.1% は、驚きの金利ですね。

ゼロ金利の日本の預金だと、一生預けても得ることができないリターンです。

 

次の機会に、具体的にどうやってステーキングするか、書こうと思います。