DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

新興国は仮想通貨と共存の動きへ

f:id:qqqqchan:20210712044944p:plain

coinpost.jp

南米パラグアイで仮想通貨の法整備を整え、前向きに利用していく法案を提出するようだ。

先日のエルサルバドルのように、ビットコインを法定通貨にするような過激な法案でないようだ。 

既にエルサルバドルのビットコインの法定通貨化には、既に国連からも強い懸念が出ている。

hashbalue.hatenablog.com

coinpost.jp

今回のパラグアイは、エルサルバドルのような法定通貨化の話ではなく、仮想通貨を積極的に利用していこうという前向きな話である。

本来であれば、国家は自国通貨を国民に幅広く普及させ、自由に自国通貨を発行して通貨の量をコントロールしていきたいはずだ。

よって、自国通貨が弱い新興国は、仮想通貨のような自国通貨以外の通貨をが普及するのを妨げる。

自国通貨の代わりに、仮想通貨が普及してしまったら、政府のコントロールはまったく効かなくなってしまうからである。

 

ただ、今回エルサルバドルにしろ、パラグアイにしろ、仮想通貨を拒否せず、受け入れる方針である。

これでは国民への支配力を弱める方向に動いてしまうが、それでも良いという判断であろう。

既得権益を捨て、本当に、国民のことを考えているのは、こういった政治家である。

 

新興国のこのような動きは、まだ小さい動きだが、いずれ新興国からの大きな波が中国や先進国にも訪れるであろう。

この大きな波はもはや止められない。

 

中国や先進国でも仮想通貨を排除する方向ではなく、共存する方向を探る動きとなっていくであろう。

この時、仮想通貨はもう仮想ではなく、リアルマネーとなるのである。