DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

EOSの開発企業ブロックワンが巨額の資金調達

f:id:qqqqchan:20210717065719p:plain

www.neweconomy.jp

EOSという仮想通貨がある。時価総額4,000億円程度で、ランキング26位。

EOSの開発会社がブロックワンという企業である。

 

この企業の子会社ブリッシュが、今年中に仮想通貨取引所を始めるということで、今年の5月に1兆円の資金調達を実施した。

 

投資家はピーター・ティール(Peter Thiel)のThiel CapitalおよびFounders Fund、アラン・ハワード(Alan Howard)、ルイス・ベーコン(Louis Bacon)、リチャード・リー(Richard Li)、クリスチャン・アンガマイヤー(Christian Angermayer)、ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)、日本の野村ホールディングスなどだ。

あのPayPalの創業者で、フェイスブックに初めて投資したことでも知られる超大物ピーター・ティールもこの資金調達に参加している。 

 

そして、7月に入り、上場会社のファーピーク・アクイジションとの合弁を通じて株式公開する予定。

www.bloomberg.co.jp

 

今度は、そのブリッシュにソフトバンクGの投資会社が約80億円出資したようだ。

www.bloomberg.co.jp


EOSはこれまで色々と問題を起こしており、いまいち評判は悪い。

  • ICOで4,400億円調達、独自のプラットフォームへの移行に対する期待から高
  • ICOで集めた資金の使い道に対する悪い噂が立って急落
  • EOSのDappsへのハッキング被害が多発した
  • 中国のポンジスキーム「PlusToken」が多額のEOSを動かしていた
  • EOSを購入した投資家がEOSの開発元Block.one社を集団で訴えた
  • EOSの専用ウォレットで出口詐欺が起こった
  • EOSのDeFiで出口詐欺が起こった
  • DPoSにおけるマイニング権利保有者が中国人による寡占傾向にある

  (investNaViより引用)

 

このEOSの開発企業が、今後は仮想通貨取引所を始めるといって、今回の巨額の資金調達を実施した。

まだ、構想段階で何も始まっていない取引所に、巨額の資金が集まるという構図である。

一流のメンバーが投資に参加しているので、相当有望なサービスであるとは思うが、いまいち理解できない動きである。

 

まあ、ブロックチェーン市場に巨額な投資が入ってきているので、市場全体としては歓迎すべきであろう。

世界の株式市場も上昇を繰り返しているし、世界中、緩和マネーでじゃぶじゃぶといったところか。

世界ではコロナも落ち着きを取り戻してきた。

経済活動の急回復に伴い、金あまりの市場は本格的なバブルを形成していくのであろう。