DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

ピカソの絵画を6,000ドルで所有する方法

f:id:qqqqchan:20210718094909p:plain

jp.cointelegraph.com

ピカソの絵画『ベレー帽の少女』は、なんと368万ドルの価値があると言われている。

庶民ではとても買えない値段がついている。

こんな高い絵画を購入できるのは、企業や一部の富裕層で、本来であれば庶民にはどんな値段が付こうが関係ない話である。

 

ただ、ブロックチェーンの技術を使えば、庶民にもこのピカソの絵画を所有できる。

具体的にはNFTというトークンを利用する。

NFTの紹介については、以下の過去記事を参照してほしい。

hashbalue.hatenablog.com

 今回は、ピカソの絵画の所有権を分割して、その証明書をNFT化して販売するというもの。

368万ドルの価格で発行するのであれば、1株6,000ドル✖️613株 で発行できることになる。

最小単位(1株)での所有権であれば、6,000ドルで安価で購入できる。

このトークンはマーケットプレイスで売買可能のようだ。

 

では、この所有権は何に目的で保有するのか。

キャピタルゲインの投資目的がほとんどであろう。

あとは、所有しているいう優越感に浸りたいとか、みんなに自慢したいとか。

 

これまでは美術品といえば、選ばれたコレクター(主に富裕層)や美術館だけのものだった。

普遍的な魅力を持つ芸術品や文化財がブロックチェーンにより、一般の人にも解放される時がきたようだ。

NFTの市場は今後も大きく拡大していくであろう。