DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

バイナンス、過去最大規模のBNBバーンを実施

f:id:qqqqchan:20210721050714p:plain

coinpost.jp

 仮想通貨取引所最大手のバイナンスが、今回過去最大規模のBNBバーンを実施した。

BNBはバイナンスの取引所トークンで、保有していると、バイナンス取引所での手数料が最大50%割引になる特典が受けれる。

 

バーンとは、そのトークンをバイナンス取引所が自分で買い取る行為。株式でいう自社株買いのようなもの。

バーンすると、その分トークンが燃やされて消えるから、そのトークンの供給量が減少することになる。

 

今回バーンしたのは、3億9300万ドル(約400億円)に相当する約130万トークンでこの分供給量が減少した。

供給量が減少するということは、需要が変わらなかったら、価格は上昇することになる。

 

このバーンは四半期毎に実施される。バーンの規模は、その四半期に取引所で獲得した利益の20%相当である。

今回400億円バーンしたということは、バイナンス取引所は四半期で2,000億円の利益を獲得していることになる。

 

BNBについては以下も参考としてほしい。

hashbalue.hatenablog.com

 

 整理すると、BNBを持つと、以下のメリットがある。

  • 取引所の手数料が最大50%割引
  • 四半期毎にその期間の取引所の利益の20%が還元される
  • ステーキングをすれば保有しているだけで年約20%近くの配当がもらえる(Trust Walletを利用した場合)

 逆にデメリットというと、法的規制により、バイナンス取引所が使えなくなってしまうこと。

 

このメリットとデメリットを天秤にかけて、BNBを保有するか否か自分で考えてほしい。

 

バイナンスは今も各国の規制当局からマークされている。

もともと中国の企業で、中国の厳しい規制をかわしながらここまで発展した経緯があるので、上手くすり抜けれらるとは思うが、急に取引所が使えなくなる可能性もあるので、注意は必要である。

 

お勧めは、BNBを購入したら、Trust Wallet に送金してステーキングする方法。

これであれば、最悪、バイナンス取引所が使えなくなっても大丈夫である。

下記記事を参照してほしい、

hashbalue.hatenablog.com

 

BNBの購入の方法は、まずはバイナンスに口座を開いて、日本の取引所から、BTCやETHを送金し、バイナンス取引所でBNBに交換する方法が良い。

日本の取引所に口座を持っていない方は、まずはコインチェックの口座開設から。

 

コインチェック

 

www.binance.com