DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

TwitterTipsとは

f:id:qqqqchan:20210925073719p:plain

www.coindeskjapan.com

Twitterは24日、「チップ機能(Tips)」を発表した。

まずはiOSユーザーから開始し、数週間後にはAndroidユーザーにも広げるとのこと。

 

チップ機能とは投げ銭のことで、プロフィールの画面に決済リンクを掲載できるようになった。

利用可能な決済サービス/プラットフォームは下記のとおり。

  • Bandcamp
  • CashApp
  • Chipper
  • Patreon
  • Razorpay
  • Wealthsimple Cash
  • Venmo
  • GoFundMe
  • PicPay

アメリカ(ニューヨーク州とハワイ州を除く)とエルサルバドルでは、Strike のサービスを利用して、ビットコイン(BTC)アドレスとライトニングネットワークアドレスも表示可能となる。

 

このTipsをクリエイターが利用すれば、いろんなコンテンツの収益化が可能になる。

 

さらにTwitterは、最近、NFT認証機能の追加を発表した。

プロフィール画像として、NFTの画像を使う人が増え、セレブの中には数百万ドルのCryptoPunksを使っている人もいる。

 

NFTの所有権と由来を証明するシステムとTwitterが組み合わさると、例えば、自分が購入したNFTや自分で制作したNFTをTwitter上で公開して、それに投げ銭をもらうようなこともできるようになるであろう。

 

TwitterがNFTに参入すると、NFTのマーケットは今後も加速度的に拡大していくのではないか。