DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

スクウェア・エニックス初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」10月14日販売へ

f:id:qqqqchan:20211006042106p:plain

www.neweconomy.jp

10月14日に、スクウェア・エニックス初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売される。

このNFTはdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ:DJT)株式会社と株式会社スクウェア・エニックスの共同開発によるものだ。

 

今回は、スクウェア・エニックスのキャラクターでできたデジタルシールのNFTを集めて、みんなで自慢しようという試みで、ファンにとってはたまらない話である。

 

NFTを購入、管理するには、ブロックチェーンが必要で、今回スクウェア・エニックスはLINEブロックチェーンを採用した。

今後LINEが提供するNFTマーケットプレイスでの出品と、LINEの暗号資産「LINK(リンク)」を使用したトレードに対応する予定もあるとのこと。

つまり、購入したNFTを市場の価格で売却できるということ。

その際の売買はLINEの暗号通貨「LINK」を利用する。

 

購入する側としては、NFTは限定販売であり、オリジナルという証明が付くので、将来的に高値が付くという期待感がある。

 

今回発行するスクウェア・エニックスにとって、NFTのキャラクタービジネスは非常に美味しい商売である。

キャラクターでぬいぐるみや物を作るとなると、相応の作成コストや配布コストがかかる。NFTはデジタルのため、費用は格段に安い。保有者が転売や自慢してくれることでキャラクターの広告効果も絶大である

 

こんなこと、ブロックチェーンがない時代は起こり得なかったことなので、画期的な試みである。

 

資産性ミリオンアーサーのファンではないかもしれないが、将来スクウェア・エニックス初のデジタルシールという価値も出るかもしれないので、一つ試しに保有してみたらどうか。

ちなみに、無料でもらえるエアドロップ限定100万枚のチャンスもあるので、以下のリンクから登録してみてください。

lp.shisansei.million-arthurs.com