DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

北斗の拳NFTは即完売「FanTop」

f:id:qqqqchan:20211013045841p:plain

coinpost.jp]

電子書籍取次などを手がけるメディアドゥが、同社開発のNFTマーケットプレイス「FanTop(ファントップ)」を10月12日よりサービス開始した。

「FanTop」の第1弾NFTとして発売されたのは、コアミックスの「『北斗の拳』漢の死に様シリーズ 南斗六聖拳ボックス」で、販売即日に完売となった。

決済は仮想通貨ではなく、円で可能なので、NFT初心者も取り組みやすかった。

 

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

今回の北斗の券のデジタルコンテンツは、限定販売になっていて、オリジナルの証明が付けられるので、レアな商品となる。

 

そのオリジナルの証明を FLOWというブロックチェーンに書き込んでおり、FLOWというブロックチェーンがなくならない限り永遠に証明される。

FLOWというのは、NFT業界をリードするカナダの企業Dapper Labsが取り組んでいるブロックチェーンで、利用も増加中だ。

FanTopでは、このNFTをFLOWブロックチェーンに乗せているので、ゆくゆくは、二次流通も視野に入れているとのこと。

つまり、将来売買可能になるので、このNFTに投資して将来売却してキャピタルゲインを享受できる。

 

今回、この他に、『銀牙伝説』NFTアートシリーズ、したら領ファンクラブ会員証、JAM Project Jacket Art Collection、チート薬師のスローライフデジタルアートボードシリーズもFanTopで販売される予定。

 

日本でもこのように少しずつNFTが普及してきている。

もともと、NFTはアニメやキャラクターなどと親和性が強いので、日本でも利用が広がり、ブームを起こしても不思議ではない。

今後、さらに日本でのNFTの拡大に期待したい。そして、ブロックチェーンに乗って世界に日本のコンテンツが流通すれば、莫大な価値を産むと思う。

このようなNFTに先行投資ができる日本人にはチャンスが多いのではないか。