米大リーグの大谷選手、FTXのアンバサダーに

f:id:qqqqchan:20211118051240p:plain

https://twitter.com/FTX_Official/status/1460699354130382849?s=20

 

米メジャーリーグのチーム「エンゼルス」で活躍する大谷翔平選手は、暗号資産取引所FTXのアンバサダーに就任したことが分かった。

大谷選手はこれから、FTXと米FTX.USの認知度を高めるために協力するという。

 

FTXのプロモーションはド派手だ。

知名度アップのために、これまでも色々なところと提携してきたが、大谷選手とも契約するとはさすがである。

今年の6月には、米メジャーリーグとパートナーシップも結んでいる。

coinpost.jp

 

9月には米NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)の著名選手、ステフィン・カリー氏と長期的に提携することを発表した。

coinpost.jp

 

同じく9月にF1チームとも提携した。

coinpost.jp

 

これらは、FTXの提携の一部である。

この他にもFTXの知名度アップのために、色々な業界と提携を発表している。

特に、スポーツ業界とは密に連携を強化している。

知名度アップが主な目的だが、NFTやeスポーツへの展開を考えているのであろう。

 

このFTXを率いる若きCEOサム・バンクマン-フリード氏が、今後の暗号資産業界を牽引していくのは間違いない。

以前、こんなことを語っている。

 

「コインベースやバイナンスなどのライバルを追い越すことができれば、ゴールドマンサックスやCMEグループなどの金融界の巨人を買収するというアイデアを検討することもあるだろう」

 

本当に買収する日が来るのかもしれない。

hashbalue.hatenablog.com