レイヤー2、dYdXの実力は?

f:id:qqqqchan:20211123055301p:plain

jp.cointelegraph.com

この以下の「L2BEAT」はイーサリアムのレイヤー2のTVLが見れるので面白い。

イーサリアムのレイヤー2とは、レイヤー1のイーサリアムブロックチェーン以外で何らかの取引を実行する技術のことを言う。

 

なぜ、こんなまどろっこしいことをするかというと、イーサリアムの手数料の高騰という問題があるからだ。

イーサリアムの平均取引手数料は1件あたり現在約40ドル。過去4カ月間で700%も増加している。

Etherscanによると、ガス価格は単純な取引で約45ドル、より複雑なスマートコントラクトのやり取りやユニスワップでの取引では140ドルと高額になる。

やってみればわかるが、少額の取引をする場合はこの手数料は痛い。

このイーサリアムの手数料高騰問題を解決するのが、レイヤー2の技術である。

l2beat.com

このサイトでもわかるように、L2のソリューションに貢献するために、プロジェクトに資金をロックする金額が大きく増え始め、その総額は56億4,000万ドルとなり、過去最高となった。

 

その中でも1位は圧倒的にアービトラムで、レイヤー2市場の45%にあたる26億7,000万ドルを確保している。

分散型デリバティブ取引所のdYdXは9億7,500万ドルのTVLで2位。

 

個人的には特にdYdXに注目したい。

dYdX Governance & Staking

 

通常、UNISWAPに代表される分散型の取引所は、株式市場にあるようなオーダーの板がない。

このdYdXは板があるので、通常の中央集権型の取引所と似たような感じだ。

分散型取引所としては圧倒的な取引量で、他を突き放している。

手数料も安いので使い勝手が良い。

 

今ならステーキングは75%APRが付いているので、ガバナンストークンのdYdXを購入してステーキングも良いかと思う。

 

ステーキングは資金が引き出せないリスクもあるので、ポジションの大きさに十分注意してください。