4億円弱の土地取引(ディセントラランド)

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

f:id:qqqqchan:20211127092209p:plain

www.coindeskjapan.com

イーサリアム・ブロックチェーン上のメタバース(仮想空間)「ディセントラランド(Decentraland)」のネイティブ暗号資産ディセントラランド(MANA)は25日、5.84ドルまで上昇し、史上最高値を更新した。1週間で約40%上昇した。

 

ディセントラランドの時価総額は約1兆円で、Game-Fiの代表格Axie Infinityの8,700億円を超えた。

メタバースのもう一つの代表格であるThe SandBoxのSANDは、6,400億円で推移している。

coinmarketcap.com

coinmarketcap.com

 

このトークンの上昇と同様に、これらのメタバースでの土地取引も活発となっている。

Token.comの子会社Metaverse Groupは、ディセントラランド内の土地を61万8000ディセントラランド(MANA)で購入。

金額は約320万ドル(約3億7000万円)に相当する。

 

とんでもない金額である。

土地と言っても仮想空間のゲームの中の土地であり、ある意味でのメタバースが流行んなくなってしまえば、なんの価値もなくなってしまうものである。

それでもこんな価格がつく。

 

実物の土地もそうだが、人通りが多かったり、人が集まれば、その土地に価値がつく。

要は広告効果である。

この約4億円で購入した仮想空間の土地にいつも何十万人、何百万人と集まっていればその土地は大きな広告効果を産む。

人の集まりの人数に物理的な制約がない仮想空間の場合、実はリアルな土地以上に価値があるのかもしれない。

 

有名なメタバースの土地は既にそこそこな価格が付いて、高くなっているので、今後伸びそうなメタバースの土地を安いうちに買い漁るのも面白い投資かと思う。