注目のNFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」とは

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

f:id:qqqqchan:20211219041855p:plain

jp.cointelegraph.com

人気のNFTコレクション・プロジェクトがある。

Bored Ape Yacht Club(BAYC)という類人猿をモチーフのしたデジタルアートのNFTである。

1万個の限定品で、表情、頭の形、服装など170以上の特徴的なパーツをプログラムで組み合わせて生成したユニークなものになっている。

 

2021年4月よりNFTマーケットプレイスOpenSeaで販売を開始した。

当初は0.08ETH(約4万円)で購入することができた。

しかし、NBAで2度MVPを受賞したことがあるプロバスケットボール選手のステフィン・カリー氏を始めとする多くの著名人がBAYCを購入したことが話題になり価格は急騰。

今や安価なBAYCでも40ETH~50ETH(2000万円~2500万円相当)前後の価格になっている。

高い物だと、160ETH(8,000万円相当)にもなる。

当初価格は4万円だったので、2,000倍になった。たった8ヶ月の間に。

 

今やコラボレーションも引くて数多でにグッズ展開やBored Apeをキャラクターとするメタバースバンドの誕生などエンターテイメントにも発展している。

 

ミッキーやキティちゃんのように、キャラクラービジネスになってきている。

以前は、キャラを育てて認知させるのに、かなりの日数を要した。

それが、ネットの普及とNFTのおかげで、短期間に爆発的に認知させることができるようになった。

ある意味、キャラビジネスの革命である。

 

仮想通貨市場全体は少し下降気味ではあるが、中でもメタバース、NFT市場はまだまだ元気でこれから大きな成長を予感させる。