人気NFTコレクション「BAYC」とは

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

f:id:qqqqchan:20211228050449p:plain

bittimes.net

BAYC、MAYCという世界的に人気の類猿人をモチーフしたNFTコレクションが大人気である。

このコレクションはマーケットプレイスOpen Seaで購入が可能だ。以下リンク。

https://opensea.io/collection/boredapeyachtclub

 

当初、2021年4月よりNFTマーケットプレイスOpen Seaで販売を開始して、当初は0.08ETH(約4万円)で購入できたが、NBAのスティフィン・カリー氏を始めとする多くの著名人が購入したことで話題となり、今や50ETH(約2,500万円)近辺で売買されている。

 

このBAYC、MAYC人気の理由がもう一つある。

NFTの取引において、発生・移転している法的権利として考えるのは、以下の2つ。

  1. 対象データの著作権やパブリシティ権などの知的財産権
  2. 対象データの利用権

NFTマーケットプレイスなどプラットフォームを通じたNFTの取引においては、1が譲渡されているケースはほとんどなく、あくまで2が譲渡されていることがほとんどである。

ただ、BAYC、MAYCの場合は、NFT保有者に1の権利も与えている。

これが人気の理由となっている。

 

つまり、NFT保有者は、このキャラを商業目的に利用できるということだ。

そこで、BAYCのバンドグループ「Kingship」やBAYCのブロックチェーンゲームなど、色々なプロジェクトが立ち上がっている。

 

人気となったキャラを商業目的に利用できるのであれば、NFTがキャッシュフローを生み出すので、NFT自体の価値も非常に高いものとなる。

このBAYC、MAYCの認知が上がれば上がるほど、このNFTは通常のNFTと違い、加速度的に価格が上昇するような感じがする。

このNFTへの投資をNFT事業と捉えれば、2,500万円投資してこのNFTを購入するのもわかる気がする。