NFTの15のユースケース

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

f:id:qqqqchan:20220105045411p:plain

www.coindeskjapan.com

NFTは何に使われるのか、主流となる事例を15個挙げてみよう。

  1. ゲーム
  2. ファッション
  3. DeFiNFT
  4. イベント&チケット
  5. NFTコミュニティ
  6. メタバース
  7. バーチャル不動産
  8. デジタルアイディンティティ
  9. インフルエンスNFT
  10. 音楽
  11. ヘルスケア
  12. 広告
  13. ファンタジースポーツ
  14. NFT検索
  15. あらゆる物のデジタル化

このようにNFTの用途は広い。内容は記事を参照してほしい。

この中で、今盛り上がっていきているのは、1.ゲーム、2.ファンション、6.メタバース、7.バーチャル不動産、10.音楽 というとこだろう。

将来的にWebの世界をガラッと変えるのは、5.NFTコミュニティ、8.デジタルアイディンティティ、9.インフルエンスNFTであろうか。

いわゆる個人(本人と紐づかない)の価値の見える化である。

 

自分本人ではなく、仮想の自分がいて、その価値が数字化(評価)され、コミュニティを形成していくといったイメージ。

今も例えばTwitterに仮名(本名ではない自分)で投稿して100万人のフォロワーがいたとする。

この仮の自分がアバター化してNFTのファッションを着飾り、メタバース空間で100万人のフォロワーに囲まれ、コミュニティ(町や村)を形成し、そのアバターの影響力の価値がNFT化され、株式のように時価評価されるようなイメージである。

こう考えると、全く違う世界になっていく感じであろう。

中央集権型の管理社会から、本当の意味での分散化された個の時代の始まりである。

 

まだ想像の世界にすぎなが、NFTにより、これが実現できるインフラは整ってきていると思う。

このNFTの未来には、いろんな投資機会がある。

早く気づいた人が勝ち組みになるといえよう。