AP通信、報道写真NFTを販売

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

口座開設するならこちらの取引所がお勧めです。

コインチェック

フォビジャパン(Huobi Japan)

f:id:qqqqchan:20220128045106p:plain

coinchoice.net

米国で175年の歴史を持つ非営利協同組合ニュース組織のAP通信社(Associated Press)は1月10日、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスを1月31日に開設すると発表した。同社のNFTマーケットプレイスは、ブロックチェーン技術企業Xooa社が開発し、ポリゴン(Poligon)ブロックチェーンネットワーク上に構築されている。

このマーケットプレイスではNFTコレクター(収集マニア)が通信社独自の象徴的フォトジャーナリズムを収集することを可能。

NFTの形で販売されるAP通信社の写真はさまざまで、ピューリッツァー賞を受賞した報道写真など候補に上がっている。

当初の販売後のAP NFTの所有者は、2次市場でそれらを再販することもできます。APはまた、これらNFTを仮想通貨もしくはクレジットカードで購入できる。

 

写真とNFTは非常に相性が良い。

写真は著作権があるが、それを誰が所有しているかなど、わからない。

そのような状態であるから、写真を個人間で売買する場合は、マーケットプレイスでその権利を持っているかなど証明する必要があった。

なかなか証明は難しいが。

これをNFTにしてしまえば、課題は一気に解決する。

誰が所有しているか、ブロックチェーンで証明されるからだ。

個人間売買も可能になるし、写真を撮った人に、売買のたびに一定の収入が入る設計も可能となる。

 

このようにみてくると、写真家とコレクターにとって、この写真NFTの仕組みは、画期的であり、新しい市場や新ビジネスがどんどん立ち上がる予感がする。

写真NFT市場の動向は引き続き注目すべきであろう。