JRもメタバースに参入

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

f:id:qqqqchan:20220310051345p:plain

bittimes.net

JR東日本は2022年3月8日に、駅を"つながるくらのプラットフォーム"へと転換する『Beyond Stations構想』の一環として、オリジナルのメタバース(仮想空間)である『バーチャルアキバワールド(Virtual AKIBA World/VAW)』を2022年3月25日11時にオープンすることを発表した。

以下の動画を見ると、そのイメージはわかりやすい。

www.youtube.com

 

リアルとバーチャルな駅を連携させることで、新しい便利なサービスを提供する予定。

NFTも活用するとのこと。

 

現在、通勤中は、音楽を聴いたり、Youtubeなど動画を見たり、ゲームをしたりと時間を使っているが、そこにこの仮想空間のサービスを提供し、その通勤時間を奪おうとする試みであろう。

通勤時間は暇な時間と言えば暇だし、結構どうでもいいことに時間を使っているのが実態だと思う。仮想空間のコンテンツの内容によっては、通勤時間はこのサービスに時間を費やすことになるかもしれない。

しかもリアルなJR駅のサービスと融合させるのは、強力な差別化されたサービスとなろう。

 

これまで、日本もLINE、楽天などIT企業を中心にNFTサービスやゲーム会社中心にメタバースサービスが始まっているが、リアルな大手企業が本格的にメタバースに参入することは珍しい。

JRといった大手交通機関が独自にメタバースに参入することで、日本のメタバース市場は成長し、併せてそこで利用されるNFTや仮想通貨など、ブロックチェーン市場の成長していくであろう。

日本のブロックチェーン業界にとっては、なかなかインパクトの大きいサービス発表ではないか。

jrakiba.vketcloud.com