HSBC、TheSandBox と提携し、メタバース進出

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

f:id:qqqqchan:20220319034937p:plain

coinchoice.net

ザ・サンドボックス(The SandBox)は3月16日、イギリスのロンドンに本社を構える国際銀行および金融サービスプロバイダーであるHSBCとのパートナーシップの締結を発表した。

今回の提携により、HSBCはTheSandBoxの仮想空間の中に、不動産を一区画取得し、世界中の仮想コミュニティーがザ・サンドボックス・メタバースにおいてグローバル金融サービスプロバイダーやスポーツコミュニティと関わる機会を多数創出する。

 

先月は、JPモルガンが、メタバース「ディセントラランド(decentraland)」への進出を発表したばかり。

HSBCといえば世界最大級の銀行であるが、リアルな店舗は閉鎖を続けており、よりデジタルな環境へシフトを始めている。

その一環で、仮想空間にも進出といったところだ。

 

このように、今、続々と大手企業が仮想空間の土地を購入し始めている。

仮想空間といえば、利用者の多いTheSandBoxかDecentrandの土地のどちらかである。

コンサルティング企業であるPwCのレポートによると、世界のメタバース市場は2019年の約5兆4,000億円から2030年には約1,780兆円という驚異的な規模に成長すると推定している。

 

仮想空間もこの2社だけで終わる話でもなく、今まさに、いろんな仮想空間が立ち上げりつつあり、企業の仮想空間への進出も始まったばかりである。

レポートにもあるように、今後爆発的に伸びる市場であることは間違いないであろうから、この市場はウォッチしながら、早め早めにメタバースの土地、トークンを購入していくと良いかと思う。

先行者メリットはまだまだ取れる市場であろう。