スティーブ・ウォズニアックがビットコイン10万ドル到達を予測

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

f:id:qqqqchan:20220321114352p:plain

news.yahoo.co.jp

ビットコインの価格は3月上旬から横ばいで推移し、4万ドルを行ったり来たりしている。

そんな中、アップルの共同設立者のスティーブ・ウォズニアックが、ビットコインの価格が最終的に10万ドルに達すると予測した。

下記のグラフの通り、昨年11月に6万7千ドルの高値を付けて、その後急落し、今は4万ドルをいったりきたりである。

【ビットコインの1年間の価格推移】

f:id:qqqqchan:20220321115038p:plain

スティーブ・ウォズニアックといえば、Appleの共同創業者で天才エンジニアである。

彼は、小規模な暗号通貨の将来について警告しているが、ビットコインこそは唯一の「純金数学」だと述べていた。

数学的に説明することはできないと言っているが、何か核心めいたところがあるのだろうか。

 

また、2月のJPモルガンの予測では長期的に15万ドルに達するとみている。

まだ、金などに比べてボラティリティが高いが、これが収まってくると、機関投資家が参入しやすくなるという。

forbesjapan.com

CoinSharesのデータによると、ビットコインや暗号通貨の投資ファンドでは、機関投資家が利益確定を行いポジションを縮小した結果、1月には大量の資金が流出したという。

しかし、2月に入ると再び投資家が戻り、1週間あたり約7100万ドルがビットコインに特化したファンドに流入し、12月初旬以来で最大の額を記録したとのこと。

 

ビットコインの価格は横ばいであまり戻ってきていないが、キャッシュフロー的にはもう一段の下落というより、ここで底固めして、上昇に転じる可能性もある。

ビットコインの価格が予測通り、10万ドル〜15万ドルになれば、今より3倍程度の上昇になるから十分であろう。

まだ、全然遅くはない。少しずつでもポートフォリオにビットコインを入れておくことをお勧めする。