ロシア、石油・天然ガスの支払手段としてビットコイン受け入れか

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

 

f:id:qqqqchan:20220326101639p:plain

jp.cointelegraph.com

ロシア議会のエネルギー委員会のパベル・ザバルニー委員長は、中国やトルコなどの「友好国」からの石油やガスへの代金受入方法としてビットコイン(BTC)支払を受け入れる可能性について触れた。

 

通常、世界のエネルギーの輸出入の決済は、基軸通貨である米ドルが利用される。

ただ、ロシアの銀行は今回のウクライナ戦争の制裁で、SWIFTと言われる米ドルの国際決済網から除外されてしまい、米ドルを利用しにくい状況にある。

また、ロシアは世界的な経済制裁を受けているため、そもそも非友好国と貿易ができない状況にあるので、今は中国、インド、トルコなど、友好国と貿易をおこなっている。

 

友好国の取引では、主に、米ドルではなく、各々の自国通貨で支払いをしようという動きになってきている。

例えば、中国がロシアから石油を購入すれば、人民元で支払うことになる。

人民元を受け取ったロシアは、人民元で持って中国の商品などを購入する。

ただ、人民元は国際間通貨ではないから、利用は中国からとアジアの一部からの輸入に限られてしまう。

インドは中国の友好国ではないから、インドの商品購入に人民元を利用するのは難しいのであろう。

 

そうなると、ロシアも困ってしまうので、ビットコインでの代金受け入れを可能とするという。

今やビットコインであれば、世界中のどこの国との決済でも利用可能となる。

人民元より実は使い勝手がいいのかもしれない。ロシアのエネルギー取引は年間14兆円ほどになるらしい。

この10%がビットコイン決済に回れば、1.4兆円のビットコインの買い需要が産まれる。

 

このニュースからビットコインが今後上がる理由もわかるであろう。

もうビットコインは仮想通貨ではなく、本物の国際間通貨と呼べるのではないだろうか。