今週の相場

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

■ 先週金曜日の相場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●株式
中国 上海A株
3,194.30
(+8.38)

香港ハンセン 
24,008.07
(-5.93)

ドイツDAX指数 
7,178.29
(+31.73)

NYダウ 
12,341.83
(+56.68)

日経平均 
9,591.52
(-62.40)

日経225先物(シカゴ) 
9,600
(-35.00)

●為替
通貨の強弱(弱→強)
(ユーロ→ドル→円)

ドル−円
83.11
(-0.32)

ユーロ−円
119.93
(-1.00)

ユーロ−ドル
1.4430
(-0.0060)

●債券
米国10年債 
3.41%
(-0.08%)

日本10年債 
1.29%
(-0.01%)

●商品
NYMEX原油先物
109.66
(+1.27)

NYMEX金先物
1,486.00
(+11.00)

■ コメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週のNYダウは週間で38ドル(0.3%)安であった。

前半は日本の原発事故がレベル7に引き上げられたのを嫌気して軟調となったが、後半には、米経済指標を好感し、米景気が持ち直すとの期待から買い戻された。

欧州は債務懸念の再燃、中国はインフレ懸念より、週間では下落となった。

一方、商品市場は週初利益確定売り等で一服感があったが、週末にかけて、金が史上最高値を更新するなど、商品市場に再び資金が流入している。

この商品高は、じわじわと世界の経済に悪影響を与えてきており、今後も株式市場の上値を抑える要因となろう。

実際、米国の1〜3月期の実質GDPは、エコノミストの間で、原油高の理由により、見通しの引き下げが相次いでいる。

ガイトナー財務長官本人もTV番組で、ガソリン価格の上昇により、景気回復が小幅に減速すると発言しているくらいだ。

先週から発表している米企業決算は、悪くはない内容だが、あまりにも市場の期待が大きすぎるため、決算発表した企業がことごとく売りを浴びている。

FRBのQE2(量的緩和第二段)による大量のマネーの供給で昨年11月から上昇してきた米株式相場であるが、実態とのかい離が少しずつ浮き彫りになってきているため、今後調整を余儀なくされるであろう。

今週は、米国でインテル、アップル、ゴールドマンサックスなど、大企業の決算が出揃うので、決算発表を受けて後の米国株式市場の動きに注目である。