DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

世の中のお金の量はどれくらいあるのか?

世の中に出回っているお金の量はどれくらいなのか。

このお金の量の動きをみれば、景気が良くなるのか否かがわかります。

景気が悪くなる時はこのお金の量が減少していますし、一方で景気が良くなる時はこのお金の量が増加します。

 

お金には大きく分けて、「マネタリーベース」マネーストックの2種類あります。

 

マネタリーベースとは「日本銀行が世の中に直接的に供給するお金」です。

これは大きく分けて、「日銀券(紙幣)+日銀当座預金です。

日銀当座預金は、銀行との間でのお金になりますから、世の中に出回っているお金ではありません。

このマネタリーベースの動きを見ても世の中のお金の量は測れません。

 

一方で、マネーストックとは「金融部門から経済全体に供給されている通貨の総量」です。

おおまかに、「現金+預金」 と覚えておくと良いでししょう。

現金は、皆さんが買い物等で使っている現金です。タンス預金も現金。

預金は、その名のとおり、銀行預金です。

 

では、どれくらいあるのか。2020年5月末で見てみましょう。

現金105兆円、預金1,312兆円(預金通貨770兆円+準通貨518兆円+CD24兆円)

M3=現金+預金=1,417兆円 

 

世の中のお金といっても、ほとんどが預金なんですね。それはそうですね。全部家の金庫に置くわけにはいかないですからね。銀行に預けますね。

 

ではこの世の中のお金の量(M3)が、どういう動きをしているか、見てみましょう。

期間は安倍首相が就任した2012年5月から直近5月までです。前年比で見たグラフです。

2017年12月から伸び率が下がっているのがわかります。そして直近コロナ危機で貸出が伸び、マネーの総量がどんと増えています。

2017年12月くらいから、直近のコロナ危機が起こるまで、実は景気は良くなかったということですね。

 

お読みいただきありがとうございます。 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

f:id:qqqqchan:20200616054852p:plain