コインチェックで第二弾「IEO」開始

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

コインチェック

coinpost.jp

フィナンシェは29日、コインチェックと、IEO(Initial Exchange Offering)による資金調達に向けた契約を締結したことを発表した。

IEOとは、取引所を介して、トークンを発行し、資金を調達する手法。

よく似た資金調達方法にICOがあるが、ICOは発行元が直接トークンを発行し、資金調達する手法で、第三者の目を通していないこともあり、詐欺が多いと言われている。

その点、IEOは取引所のお墨付きを得ているので、安心感はある。

 

フィナンシェは何をやっている会社かというとブロックチェーンを活用した、新世代のクラウドファンディング2.0「FiNANCiE」というプラットフォームを運営している。

中身はクラウドファンディングと同じだが、NFTでその出資の証明をしてくれる点であろう。

既にJ1サッカークラブの湘南ベルマーレやアビスパ福岡などがフィナンシェのサービスを利用している。

www.corp.financie.jp

今回、フィナンシェは、コインチェックでIEOによる資金調達実現に向けたり組みを行うほか、来年夏までに「フィナンシェトークン」を販売プラットフォームトークンの活用により、ファンや顧客との新しい関係構築を目指すという。

 

コインチェックでは今年7月、国内初のIEOとしてパレットトークン(PLT)が上場。

抽選申し込み開始後、わずか6分で目標金額の約9億円に到達。

申し込み倍率24.1倍に達した。

販売価格は4.05円でしたが、一時期100円(25倍)近くまで急騰した。

今の価格は56円となっている。

それほど、IEOは人気があるということであろう。

 

この事業自体はまだ大赤字だろうし、海外をみてもそれほど目新しさはないものだが、日本においてはその珍しさから、パレットトークンの二番煎じで人気が出るのは間違いないだろう。

取引所側も、IEO投資家に損をさせない価格設定を考えているから、短期的に利益を得るには良いと思う。

 

ただ、IEOに参加できなかったといって、IEO後の高騰したその高値を掴まないようにしないといけないと思う。

中長期で持つ銘柄かどうかは見極めが必要だ。

 

投資は自己責任でお願いします。