大手企業、プロスポーツチームがNFTに続々参戦

f:id:qqqqchan:20211201044222p:plain

www.coindeskjapan.com

coinpost.jp

日本でも企業のNFTへの参入が本格化してきた。

今回、NFTを発行するのは、横浜DeNAベイスターズとテレビ朝日となる。

いづれの企業もブロックチェーンはLINEブロックチェーンを利用するという。

 

プロスポーツチームやコンテンツを保有しているテレビ局などにとっては、NFTは新たな収益源となる。

コンテンツ提供側は、これまで眠っていたコンテンツを活用するだけなので、元でがほとんどかからないから美味しいビジネスだ。

NFTを購入するユーザー側も、これまでのようなトレーディングカードだと、その所有はただの自己満足に過ぎないが、NFTはネット上でその所有者が証明されるので、SNS上(LINEなど)やメタバース上に掲示することで、自慢ができる。

コンテンツを作成したクリエイターにとっても、二次流通した場合に、手数料が入るので、定期的な収入源となる。

 

このようにNFTはみんなハッピーな仕組みとなるので、市場としては大きく拡大していくといえよう。

今回のように、日本ではNFTのブロックチェーン提供者としては、LINEブロックチェーンが圧倒的に強い。

今後もLINEブロックチェーンの経済圏が広がるのではないか。その時の通貨はLINKになるので、LINKの需要も大きくなっていくだろう。