DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

欧州債務危機の拡大

■ 前日の市況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●株式
中国 上海A株
2,953.32
(-48.48)

香港ハンセン 
23,007.99
(-158.23)

ドイツDAX指数 
6,688.49
(-9.48)

NYダウ 
11,044.47
(-47.53)
速報値

日経平均 
9,937.04
(-188.95)

日経225先物(シカゴ) 
9,980
(-25.00)

●為替
通貨の強弱(弱→強)
(ユーロ→ドル→円)

ドル−円
83.63
(-0.63)

ユーロ−円
108.79
(-1.73)

ユーロ−ドル
1.3010
(-0.0106)

●債券
米国10年債 
2.80%
(-0.02%)
速報値

日本10年債 
1.19%
(+0.01%)

●商品
NYMEX原油先物
84.96
(-0.64)

NYMEX金先物
1,385.50
(+20.00)

■ 前日の相場のコメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(アジア)
・中国株、香港株とも下落。

・中国の短期金融市場では、金利が幅広
く上昇し、中国市場での流動性が逼迫し
て、資金不足から株式が下落した。

(欧州)
・欧州株は下落。

・欧州の債務危機拡大懸念が高まって
いることを受け、銀行株中心に引き続き
売られている。

・危機は欧州全体へ拡大しており、欧州
株は総じて下落した。

(米国)
・米国株は下落。(速報ベース)

・欧州債務危機の波及をめぐる懸念と、
中国の追加の金融引き締めによる警戒感
から、下落となった。

・米国住宅価格が予想を上回り、大きく
落ち込んだことも下落を後押ししている。

(まとめ)
・欧州債務危機の拡大で市場は一段と
リスク回避的になり、安全通貨と見な
されている円が買われる展開となって
いる。

・前回のギリシャから始まった欧州
債務危機と同じことが起こっている。

・前回はユーロ圏内での負担を揉めに
揉めた上で、結局80兆円の金融安定化
基金を作ることで市場の不安が収まっ
た。

・今回はそれでは足りないといわんば
かりに、アイルランド→ポルトガル→
スペイン→ベルギー→イタリア→フラ
ンスまでに連鎖が拡大している。

・格付会社がフランスの国債AAAの格付
を引き下げるとのうわさまで出ている。

・さすがに、イタリア、フランスまで
危機が拡大すると、ユーロ圏は崩壊し
てしまう。

・前回もそうだったが、結局ドイツが
どこまで本気でユーロ圏の面倒をみる
かにかかっている。

・債務に問題がなく、経済が好調なのは、
ユーロ圏ではドイツくらいであるから。

・ドイツもさすがに通貨ユーロから脱退
するわけにもいかないから、結局は救済
の仕組みと強い救済のメッセージを出す
ことになろう。

・ただ、前回同様ドイツ国民の反対もあ
ろうから、当面もたもたすることになる。

・その間、ユーロ安はしばらく続くであ
ろう。