DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

Binance US上場を計画

f:id:qqqqchan:20210724092504p:plain

coinpost.jp

仮想通貨取引所最大手のバイナンスのCEO、CZ氏はBinance US を株式上場する予定だと語った。

 

もともと、バイナンスは米国人の利用が多く、40%程度に達していたが、米国の当局からの指導や規制が入り、米国人のバイナンス利用が制限される可能性があった。

そこで、米国の規制に準拠したBinanceUSを別会社で立ち上げ、そこに米国のバイバンスのユーザーを誘導して利用させた。

そのBinance USを今回株式上場させようというもの。

 

株式上場を実施する背景には、米コインベースが今年4月に率先して株式上場を実施し、初の仮想通貨取引所上場を実現させたことがあり、以後はGeminiやKrakenなどの業者も株式上場の計画を相次いで発表しているからである。

株式上場すれば、米国で信頼性と知名度を上げられるので、他社に遅れを取らないようにするためといえよう。

 

下記は世界の仮想通貨取引所のランキングである。

BinanceUS(9番目)の取引量は、米コインベース(2番目)の5分の1程度である。扱うコイン数も58と米コインベース78より少ない。

本家のBinance(1番目)は、取引量やサービスは、圧倒的に米コインベース優位に立っているが、ことBinance USだけみると、規制の影響もあってか、それほどでもないのである。

ただ、仮想通貨の中心は米国であり、米国での知名度アップは必須であるから上場も急いでいるのではないか。

 

本家Binanceは、イギリスや日本など各国から規制に準拠するよう忠告を受けており、まずは、BinanceUSを上場させ、本家についても対応を急いでいくのだと思う。

ちょっと苦しい立場に追い込まれているのは間違いないが、今までも幾度となく、困難を切り抜けてきた天才CZの才覚に期待しようと思う。

f:id:qqqqchan:20210724093724p:plain