DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

メール登録のみで参加可能な取引所Kanga Exchangeとは?

 

f:id:qqqqchan:20210923081735p:plain

昨日も記事に書いたように、海外取引所は規制が強くなってきた。

そもそも日本人が使えなかったり、使うにしても本人確認が必要になってくる。

特に、バイナンスやFTXなど大手取引所が自主規制に乗り出してきたので、資金のやり場に困っている人が多いだろう。

 

そこで今注目されつつあるのが、Kanga Exchangeである。

この取引所は2018年9月にポルトガルで開設された取引所で、特徴としては、ポルトガルの金融庁から認可を受けているのと、ポルトガル国内に250ものリアルな拠点を持っていることだ。

このリアルな拠点はまずヨーロッパで拡大し、フランチャイズのような形式でゆくゆくは世界中に拡大していくらしい。

 

また、オンラインの取引所は、日本からもメールアドレスのみの認証で口座開設可能である。試しに作ってみたが、簡単で5分くらいで開設できた。

この取引所は、ポルトガルで認可を受けているだけに、今のところ本人確認など規制はされない。

 

あと、お得なものとしては、この取引所の「KNG」というトークンがある。

これは27日にこの取引所内に上場予定であるが、このトークンを購入して、ステーキング(取引所に預ける)すると、この取引所の手数料収益から一定量毎日配当がもらえる。

この配当率は年率予想で約18%の利回りになるらしい。

もちろん、売却すればキャピタルゲインも獲得できる。

 

まあ、とりあえず、メールアドレスのみで手数料もかからず、口座が開設できるので、HPを除いてみてはどうか。

trade.kanga.exchange

直接口座登録をする場合はこちらのリンクから。

Kanga Exchange - Więcej niż giełda

 

KNGトークンを購入するには、以下の流れである。

  • この取引所に口座を作成し、日本の取引所で購入したETHやBTCでこの取引所に送金。
  • ETHやBTCをこの取引所で売却してUSDTに替える。
  • 27日になったらUSDTでKNGを購入。

KNGトークンは供給量が少ないので、当日は成行買いが殺到するかもしれません。

リスクもあるので、あくまで自己責任でお願いします。