コインチェック、BAYCメタバース「Otherside」の仮想土地を販売へ

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

coinpost.jp

コインチェック株式会社は31日、人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」のメタバースプロジェクト「Otherside」上の仮想土地「Otherdeed(NFT)」を取得したことを発表した。

コインチェックが取得した「Otherdeed」は今後、Coincheck NFT(β版)で販売する予定のようだ。

このコインチェックのNFTマーケットプレイスでは、あの有名メタバースであるThe Sandboxの上の土地も販売している。以下過去記事を参考にしてほしい。

hashbalue.hatenablog.com

超人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」は、Yugalabsという組織が作り出したもの。

あの有名なNFT「CryptoPunks」の権利も買収するなど、今やNFT市場を牽引する存在となっている。

Othersideというメタバースは、このYugalabsがプロデュースしており、22年4月のローンチ初日に55,000区画の仮想土地「Otherdeed」が一律305APE(販売時75万円相当)で販売されると、3時間以内に完売。売上総額は約410億円に達していた。

まだメタバース自体は存在しないが、先に土地を販売した格好だ。

 

今回、この人気の仮想空間の土地をコインチェックが仕入れて、自身のマーケットプレイスで販売するようだ。

この土地5月くらいには一時300万円まで上昇していたが、今は仮想通貨マーケット下落の煽りを受けて、70万円程度(元の売り出し価格)まで下がっている。

もともと欲しかった人にとって、購入するには良いタイミングになったのではないか。

もちろん、直接OpenSeaというマーケットプレイスでも購入できる。以下がアドレスである。

Otherdeed for Otherside - Collection | OpenSea

 

OpenSeaで購入するには、手順とかわかりづらいという人にとっては、コインチェックで購入する方が安心であろう。

また、口座を持っていないのなら、この機会に口座開設しておくと良いであろう。

コインチェック