「AZITO」Talk-to-Earn(話して稼ぐ)メタバースとは?

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

tokyo-nft.co.jp

株式会社OPSIONは2022年7月22日に、同社が開発しているWeb3メタバース『AZITO』のプロジェクト概要や方針を定めたホワイトペーパーを公開したことを発表した。

2022年9月中にはAZITOのクローズドβ版もリリースされるとのことで、クローズドβ版のリリースに先駆けて、AZITOが開発するメタバースの土地の保有権がついたNFT3,000個をSolanaチェーンで販売するらしい。

 

日本でもいくつかメタバースが立ち上がっているが、このメタバースは盛り上がるのだろうか。

 

世界では、The Sundbox と Decentraland がメタバースの2大巨頭であり、そのトークンは2,500億円ほどの時価総額になっている。

もちろん、ランドも売り出しており、どちらも1区画20万円〜50万円で販売されている。

今この2強を追い上げてきているのが、BAYCのOthersideである。

これはまだサービス開始をしていないが、トークンはAPEコインが発行されており、土地も既に販売されている。

Othersideのランドは1区画50万円以上となっている。

 

メタバースというプラットフォームは、国や地域の枠組みを超えることに価値があるので、各国それぞれでメタバースが立ち上がっているが、いずれ統合されていく運命にあると思う。

逆に言えば、最初から世界を相手にしたメタバースしか、残っていかないであろう。

 

今回紹介した「AZITO」は、日本の中のクリエイター中心のコミュニティであり、世界観が狭いし、日本のメタバースという感じで、最初から世界を相手にしていないように思える。

当初は盛り上がるかもしれないが、SNSのミクシーのように、日本だけで盛り上がり、最終的にはFacebook、ツイッターにその座を奪われてしまったようにならなければ良いが。

 

ネガティブな意見ばかり書いたが、個人的には、日本発のメタバースが世界を席巻してほしいと願っている。

日本のメタバースが盛り上がるように応援していきます。