今週の相場

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

■ 先週金曜日の市況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●株式
中国 上海A株
3,036.30
(-28.63)

香港ハンセン 
23,595.24
(+293.40)

ドイツDAX指数 
7,426.81
(+21.30)

NYダウ 
12,391.25
(+73.11)

日経平均 
10,842.80
(+6.16)

日経225先物(シカゴ) 
10,855
(-10.00)

●為替
通貨の強弱(弱→強)
(ドル→円→ユーロ)

ドル−円
83.03
(-0.27)

ユーロ−円
113.81
(+0.48)

ユーロ−ドル
1.3705
(+0.0100)

●債券
米国10年債 
3.58%
(+0.00%)

日本10年債 
1.31%
(-0.04%)

●商品
NYMEX原油先物
86.15
(-0.36)

NYMEX金先物
1,388.00
(+3.40)

■ コメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末18日に中国が預金準備率を0.5%引き上げ、更なる金融引き締めを強化した。

中国は利上げや預金準備率引き上げで、金融引き締めに躍起になっているが、

人民元を強制的に安く誘導している限りは、ドル買い人民元売りで中国市場に人民元があふれるので、その引き締め効果は限られてしまう。

インフレを抑えるためには、やはり人民元の更なる切り上げが必要となろう。

これまで新興国中心に懸念となっていたインフレが、先進国にも広がりはじめた。

ユーロ圏、イギリス、米国、日本等消費者物価指数が上昇しており、長期金利にも上昇圧力がかかってきている。

あまり急激な長期金利上昇は、借入がしにくくなり、景気にマイナスの影響を与えるので、行方が懸念される。

あと気になるのは、中東の民主化の動き。

いよいよ産油国サウジ、クウェート、イラン、イラクなど中東全域にデモが広がりはじめた。

こうなると、アメリカも関与できない状況であり、アメリカは中東政策の変更を余儀なくされるであろう。

また、このデモが長引けば、イスラエル対アラブ諸国との緊張関係がさらに高まり、原油も再び上昇していくものと予想される。

世界的なインフレの中で、原油が上昇していくと、さらにインフレが加速し、世界中に悪影響を及ぼすであろう。

G20の財務相、中央銀行総裁会議でも有効な手段は打てなかったことから、今後、先進国と新興国の対立、中東の対立など、対立関係が際立つこととなろう。これは相場にマイナスに影響する。