DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

2つのお金

前回MMT⑦信用創造の仕組み - 実践バリュー投資で書いたように、世の中に出回っているお金(マネーストック)のほとんどは、預金通貨(銀行預金)です。

これは銀行が信用創造という機能を作って、無から生み出したお金です。

万年筆マネーとも言います。

 

実はもう一つ世の中に出回っていないお金というものがあります。

それは、日銀当座預金というもので、日銀が民間銀行に発行しているお金になります。

この日銀当座預金に、日銀券(紙幣)発行残高、貨幣流通高を加えたものが、日銀の発行しているお金で 『マネタリーベース』と呼びます。

このマネタリーベースのほとんどが、日銀当座預金です。

 

2つのお金とは、『マネタリーベース』 と 『マネーストック』 です。

 

景気を良くするためには、世の中に出回るお金の量、つまり『マネーストック』の量を増やさなければなりません。

マネーストック』の量を増やすということは、マネーストックの大半を占める預金通貨(銀行預金)を増やさなければなりません。

預金通貨(銀行預金)を増やすには、民間銀行の信用創造による貸出を増やさなければなりません。

 

貸出増 ⇒ 銀行預金増(マネーストック増) です。

 

ここには、もう一つのお金である 『マネタリーベース』 は出てきません。

 

日銀が量的緩和という政策(市場の国債を買い取って、日銀当座預金を増やす)で、景気を良くしようとがんばっています。以下のルートで世の中にお金が回っていくというリフレ派の政策です。

 

日銀当座預金増(マネタリーベース増) ⇒ 銀行預金増(マネーストック増) ⇒ 貸出増 

 

マネタリーベースは、日銀と民間銀行の間だけで使えるお金であって、世の中に出回るお金(マネーストック)と異なります。

実際は、いくらマネタリーベースを増やしても、マネーストックが増えません。もちろん貸出も増えません。

マネタリーベースを増やす日銀の金融政策は限界にきているのです。

 

では、マネーストックを増やすには、どうしたら良いのでしょうか。

 

日銀の金融政策がだめなら、政府の財政政策で、マネーストックを増やすしかないのです。 

 

(参考)アベノミクス開始から現在までのマネタリーベースの前年比推移

f:id:qqqqchan:20200618055115p:plain

 

お読みいただきありがとうございます。 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村