DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

バイナンスコイン(BNB)はガチホが正解

f:id:qqqqchan:20210613201138p:plain

www.coindeskjapan.com

 

f:id:qqqqchan:20210609043931p:plain

世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所、バイナンス(Binance)は5月、取引高の大幅な増加を記録した。

バイナンスのスポット取引高は5月、約1兆5000億ドル(164兆円)となり、4月から63%増加した。

一方、取引高でバイナンスに次ぐフォビ(Huobi)は、6%減の2710億ドルだった。

先日、上場した米国最大の取引所のコインベースは、5月取引高が大幅に増加したものの、世界で4番目の位置付けであり、バイナンスの7分の1程度に過ぎない。

 

この取引高からもわかるように、バイナンスは仮想通貨取引所で圧倒的な存在である。

使いやすさ、手数料の安さ、速さ、投資商品の多さ、取扱銘柄の豊富さなど何をとっても他を圧倒している。

仮想通貨界のGAFAのようなものだ。

 

このバイナンス取引所のトークンがバイナンスコイン(BNB)である。

チャートを見てみよう。

f:id:qqqqchan:20210609045838p:plain

昨年末37ドルだったのが、5月11日に672ドル(約18倍)の高値を付け、その後、先日の仮想通貨市場の急落で値を下げ、現在は347ドル付近である。

時価総額は5兆8千億円くらいだ。

 

このBNBのメリットは、手数料が最大50%割引になることだが、もう一つ隠れたメリットとし、保有しているだけで価格が上がる仕組みがある。

四半期に1度、バイナンス取引所が得た利益の20%分のBNBを買い戻し、その分のBNBをバーン(廃棄)することが決まっている。BNBをバーンするため、BNBの価値はその度に上昇する形になる。

株式でいうと、自社株買いのようなもの。

特に先ほどのバイナンスの取引高からもわかるように、バイナンスの手数料収入は莫大であり、その20%が四半期に1回還元されるのでそのお得感がわかるであろう。

 

更にもう一つ、BNBを保有している間、どうせ使わないのであれば、バイナンスのステーキングサービスに預ければ良い。

今だと8%の金利がもらえる。

 

8%の金利を貰いながら、世界最大のバイナンス取引所の利益の20%の還元を受けられるのなら、結構お得ではないだろうか。

今下がったところでもあるので、BNBを購入してガチホしてみてはどうだろうか。

 

まずは、バイナンスに口座を開いて、日本の取引所から、BTCやETHを送金し、バイナンス取引所でBNBに交換する方法が良い。

日本の取引所に口座を持っていない方は、まずはコインチェックの口座開設から。

 

コインチェック

 

www.binance.com