黒船Coinbase、遂に日本サービス提供開始

f:id:qqqqchan:20210820050226p:plain

coinpost.jp

今年の4月14日のナスダックに上場したCoinbaseが日本でサービスを開始した。

時価総額6兆円、ユーザー6,800万人と米国最大の取引所。 以下参考記事。

hashbalue.hatenablog.com

 

当初の取扱銘柄は、以下の5銘柄。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ステラルーメン(XLM)
ライトコイン(LTC)

また、三菱UFJ銀行との提携を発表。MUFJを決済パートナーとして迎え、クイック入金サービスを提供する。

 

日本は仮想通貨市場で世界3番目の取引量を誇る。

海外から参入するには魅力的な市場だ。

ただ、銘柄等の規制が強く、米国のように100銘柄を超えるような銘柄数を取扱いできなかったり、サービス面で、日本の既にある取引所と特に差別化できているわけではない。

 

今回のCoinbaseも当初5銘柄の取扱で、銘柄も既に日本で取り扱っている銘柄で、変わり映えはしない。

 

では、日本のユーザーがCoinbaseを利用する理由は何だろうか。

 

あるとしたら、安心感であろう。

日本はマウンドゴックス、コインチェックのように、当時ハッキングで世界最大の被害を出している。

昨日も日本でもサービスを提供するLiquidのウォレットで80億円規模のハッキングが起こった。

 

Coinbaseは素人の方から見ても、以下の点で安心に感じる。

  • 米国で上場している世界最大級の取引所で6,800万人が利用していること
  • これまで一度もハッキング被害に遭っていないこと
  • 資産の98%をコールドウォレットで管理していること
  • 最大250,000ドル(27百万円)までハッキング等の補償がついていること

まあ、初心者が初めて取引する取引所としては、極めて安心であろう。

 

このようにCoinbaseという黒船が日本に上陸した。

日本の取引所もうかうかしていられないのではないか。