Game-Fiの波はこれから

f:id:qqqqchan:20211119044748p:plain

 

f:id:qqqqchan:20211119044356p:plain

仮想通貨全体の時価総額はこの1週間で326兆円から287兆円と12%ほど下がっている。

そんな中、カテゴリ別でみてみると、上がっているカテゴリがある。

アバランチエコシステム、メタバース、NFT、Gamingである。

アバランチエコシステムはブロックチェーンの一つであり、世界四大会計事務所の1つであるDeloitte(デロイト)と戦略的提携をしたことで、注目されて上昇している。

 

それより注目すべきは、メタバース、NFT、Gamingのカテゴリである。

この3つのカテゴリがあるが、共通するところは Game-Fi であろう。

Game-Fi は Play To Earnと同じ意味で、ゲームをプレイしながら稼げるシステムのことである。別名NFTゲームともいう。

 

これまでGameをやっても楽しいが、時間だけ奪われて、何も経済的利益は得られなかった。

親は子供に対して、ゲームばっかりしてと何かGameをやるのが悪のような言い方をしているし、実際一般の方からそう映るのであろう。

ただ、Gameしながら稼げる仕組みができたおかけで、このイメージは一変した。

ベトナムでは実際に、Gameしながら稼いで生活している人が多くいると聞く。

これからは、ベトナムの親はGameやって稼ぎなさいというのが口癖になるのであろう。

 

このGame-Fiの仕組みを3D仮想空間に取り入れればメタバースとなる。

メタバースの中では、現実と同じ経済が広がっている。

この Game-Fi → メタバース という流れは、今後ますます注目されていくし、市場規模も爆発的に拡大するであろう。

 

仮想通貨全体は、折角の下げ相場なので、より加熱する前に、この分野に投資しておくのも良いかと思う。