ApeCoinはそろそろ仕込み時か

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

coinpost.jp

世界で最も有名なコレクティブNFTといえば、何といってもYuga Labsが運営するBAYCであろう。

上の画像にある猿のNFTである。

その次がCryptoPunksと続く。

Yuga Labsは、4ヶ月前に実はCyrptoPanksやMeebits(これも有名)のブランドを買収している。

このように今やYuga LabsがNFT市場を牽引している圧倒的なトップランナーということで間違いないであろう。

今、このYuga Labsが Othersideというメタバースを作っている。

このメタバース上で利用される予定の仮想通貨がApeCoinである。

メタバース上の決済他、メタバース上のあらゆるシーンで利用される予定である。

 

ApeCoinは今年の3月に発行され、大変な人気を集め、上場後860円から一時3,400円まで上昇した(下記グラフ参照)。

その後、仮想通貨全体が暴落する中で、一時ApeCoinも高値から90%近く暴落し、今は700円近辺(高値より80%下落)で推移している。

 

今回記事でもあるように、イーサリアムのレイヤー2ソリューションの「Immutable X」がApeCoin保有者向けに無料でNFTが配布される。

そして噂によると、ApeCoinのステーキングが始まるらしい。

ステーキングはApeCoinを預けると利息がもらえるようなサービスである。

 

今後、先日も記事で紹介したように、NFT市場は年30%以上の成長が見られる有力な市場である。

そのトップランナーが扱っているApeCoinの需要が今後増加していくことは疑いようがない。

仮想通貨の崩壊で、ApeCoinの価格も随分割安な位置まできたように思える。

ApeCoinは中長期投資の観点からそろそろ仕込み時ではないだろうか。

投資は自己責任でお願いします。