人民元切り上げ問題再燃

IKEHAYAさんのお薦め本「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

NFTの購入方法はこちらから

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

NFTを購入するなら、まずは【GMOコイン】 に口座を開設しましょう。

月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信
【業界最安値水準の手数料】一約定ごと現物105円〜、信用一律140円。
DMM FXは初心者向け
ブログランキングアップ目指してがんばっています。
応援いただける方は是非、下記をクリックしてください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

おはようございます。

本日もよろしくお願いします。

■ 前日の市況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●株式
中国 上海A株
2,726.50
(-52.41)

香港ハンセン 
21,691.45
(-34.19)

ドイツDAX指数 
6,249.65
(-12.22)

NYダウ 
10,594.83
(+22.10)

日経平均 
9,509.50
(-7.06)

日経225先物(シカゴ) 
9,575
(-75.00)

●為替
通貨の強弱(弱→強)
(円→ドル→ユーロ)

ドル−円
85.90
(+0.22)

ユーロ−円
112.34
(+0.88)

ユーロ−ドル
1.3077
(+0.0070)

●債券
米国10年債 
2.76%
(+0.04%)

日本10年債 
1.05%
(-0.00%)

●商品
NYMEX原油先物
74.45
(-1.32)

NYMEX金先物
1,273.80
(+6.50)

■ 相場コメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(アジア)
・中国株、香港株とも下落。

・中国の大手銀行に対する自己資本比率
規制強化をめぐる懸念で、銀行株中心に
売られた。

・2012年末までに最大15%の引き上げと
いう厳しい内容との報道もあり、景気へ
の影響が懸念される。

(欧州)
・欧州株は小幅下落。

・英国の小売売上高が予想に反して減少
したほか、米経済指標が冴えなかったこ
とから、景気回復ペースが減速している
との見方が広まった。

(米国)
・米国株は小幅上昇。

・製造業の景況感↓、卸売物価指数↑、
失業件数↑(予想より上↑下↓)、

 このように強弱まちまちの経済指標や
フェデックス(運輸大手)の慎重な見
通しを受け、狭いレンジでの相場となっ
た。

【トピック】
・米国では米財務長官が議会証言の中で、
人民元は著しい過小評価だと発言し、人
民元切り上げを求める姿勢を鮮明にした。

・単純に自国(中国にとっては人民元
の通貨が安いと、安く製品を輸出できる
ため、輸出が伸び、自国経済は成長する。

・中国は自国通貨を安くし、米国に製品
を輸出して巨額の貿易黒字を積み上げて
きた。

人民元切り上げとは、要するに貿易で
儲けすぎだから、自国通貨(人民元)を
高くして、輸出を抑えなさい。逆にドル
安で安くなる米国製品を買いなさいとい
うことである。

・今年6月に、人民元についてはこれま
での実質的なドルへの固定相場から、
弾力的な運用へと舵を切っていたが、

 実際どうかというと、一時人民元
切り上げたが、切り上げ幅はわずか1%
に留まっていた。

・25%〜40%の人民元上昇を求めている
米議会からすると、中国はバカにしてい
ると怒っている。

・議会の強硬な勢力が米財務長官に中国
をなんとかしろと攻め寄って冒頭の発言
になったということ。

・米国はいつも勝手である。1985年には
当時の日本、西ドイツが今の中国と同様
に儲けすぎであったため、同じ要求をし
て円、マルクを切り上げさせた。

・これをあの有名なプラザ合意という。

・これを受け、円は250円から半分の120
円くらいまで一気に切り上がった。

・そして、日本は輸出が伸びず、一時
不況に陥りかけそうになり、たまらず、
日銀が金利を大幅に引き下げ、大量の
マネーを市場に供給した。

・この大量のマネーが土地や株の投機に
まわり、あの巨大なバブルを作っていっ
たのである。

・その後バブルがはじけて日本は20年を
超える不況に甘んじた。

・この歴史をよく研究している中国は、
米国の要求に"はいそうですか"とのる
わけにはいかないのは当然であろう。

・米国も中国経済がここで潰れてしまう
と米国はじめ世界経済が大不況に陥る
ということはわかっている。

・よって、表面上は対立しているように
みえるが、合意点は見出すであろう。

・米国の11月の中間選挙までは、米国の
顔を立てて、これまでより少し早い速度
人民元を切り上げていく。

・落とし所はこんな感じではないか。

・中国は日本と違って政治は一流ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信
【業界最安値水準の手数料】一約定ごと現物105円〜、信用一律140円。
DMM FXは初心者向け
ブログランキングアップ目指してがんばっています。
応援いただける方は是非、下記をクリックしてください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村