DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

イーサリアム、1,100億円を焼却

f:id:qqqqchan:20210806050433p:plain

www.coindeskjapan.com

8月4日にイーサリアムは、大型アップデート「ロンドン」を実施した。

この時のアップデートの意味は、手数料体系の改定でガス代(取引手数料)の高騰を抑えること、手数料を使ってイーサリアムを焼却し、供給量を減らすことで、イーサリアムの価値を安定させることであった。

 

 

その後、どうなったかというと、以前のような無茶な取引手数料が無くなったが、高い手数料水準(5〜6千円)は続いている。

思ったより、手数料が下がらなくて、未だに高いままだ。

 

一方、アップデートから6週間、これまでに約29万7000イーサリアム(約10億ドル、約1100億円)が焼却され、供給量が減少した。

これは、イーサリアムの時価総額の約2.5%に相当する。

 

下のグラフでいくと、8月4日の大型アップデートから、価格が安定的に上昇しており、アップデートによる成果が出てきていると言えよう。

f:id:qqqqchan:20210917042153p:plain

 

イーサリアムの需要の高まりは、主にNFTの爆発的な拡大が要因であろう。

大手NFT市場のオープンシー(OpenSea)が支払った取引手数用は、これまでに約4万イーサリアムの焼却につながっており、イーサリアムのプロジェクトの中で最大であった。

 

もともと、イーサリアムは供給量を少しずつ増やし、ややインフレしていく設計であったが、今回のアップデートにより、供給量を減らす仕組みが導入されたので、インフレは抑制され、価格が上がりやすい仕組みとなった。

 

DeFi、NFTなどでのイーサリアムの盛り上がりを見ると、今後、イーサリアムの需要は尽きることはないので、価格は引き続き上昇傾向となるのではないか。