DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

今週の相場

■ 先週金曜日の相場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●株式
中国 上海A株
2,877.05
(+60.90)

香港ハンセン 
22,171.95
(+412.81)

ドイツDAX指数 
7,121.38
(-28.06)

NYダウ 
11,934.58
(-115.57)

日経平均 
9,678.71
(+81.97)

日経225先物(シカゴ) 
9,600
(+5.00)

●為替
通貨の強弱(弱→強)
(ユーロ→ドル→円)

ドル−円
80.40
(-0.15)

ユーロ−円
114.10
(-0.71)

ユーロ−ドル
1.4184
(-0.0069)

●債券
米国10年債 
2.86%
(-0.05%)

日本10年債 
1.11%
(-0.00%)

●商品
NYMEX原油先物
91.16
(-0.68)

NYMEX金先物
1,500.90
(-21.60)

■ コメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末のNYダウは、前週比0.6%安い11,934.58で取引を終えた。

欧州のギリシャ問題が決着するか否かで振り回された1週間であったが、結局まだ予断を許さない状況に変わりはない。

 

米国では、注目のFOMCが開かれたが、特に新たな追加策が出るわけではなく、景気認識を下方修正して終了となり、失望売りを誘った。

 

また、先週末には大手格付会社ムーディーズが、イタリアの銀行13行の格付を引き下げ方向で検討するとの情報が流れ、イタリアの銀行2行の株価が急落、株
の売買が一時停止される事態となった。

 

これを受け、市場には不安心理が一層高まっている状況。

投資家の不安心理を表す、恐怖指数(VIX)は3日続けて上昇しているくらいだ。

 

ギリシャの今後の行方を整理すると、今週の議会の採決で9兆円の緊縮財政政策を承認できるか否かにかかっている。

承認されれば、EUやIMFから融資が実行され、デフォルトに陥ることはない。

もし、承認されないと、8月の約8千億円の国債償還がデフォルトに陥るという状況。

今週はこのギリシャの採決の行方が注目されよう。

 

また、注目される米経済指標としては、6月28日発表予定のケース・シラー住宅価格指数、米消費者信頼感指数7月1日発表予定の6月ISM製造業景況感指数等がある。