DeFiで資産運用

DeFiについて一緒に学んで投資を実践しましょう

Flowブロックチェーンが熱くなってきた

f:id:qqqqchan:20210930050045p:plain

coinpost.jp

以前にも紹介したエンタメ特化型Flowブロックチェーンが熱くなってきた。

Flowがどのようなブロックチェーンかは、以下の過去記事を参照してほしい。

hashbalue.hatenablog.com

 

その後の動きとして、9月14日、Dapper LabsはNFT(非代替性トークン)などのWeb3.0分野を推進する目的のもと、Googleとの提携を発表。

この提携により、グーグルクラウドがDapper LabsのFlowネットワークオペレーターとなり、スケーリングのインフラをFlowに提供することになった。

これは、Flowがgoogleにも認められたブロックチェーンということになるでしょうか。

googleとブロックチェーンの提携はこれまでもPolygon(MATIC)や、オントロジー(ONT)、チェーンリンク(LINK)などがあるが、どれも成長性著しいブロックチェーンといえるので、googleとの提携は信頼性も含めてFlowには大きなサポートになるであろう。

 

また、Flowの開発企業であるDapper Labsは、今年3月の3億570万ドル(約336億円)の資金調達に続いて、この9月23日に資金調達ラウンドで新たに2.5億ドル(約270億円)を調達した。

この潤沢な資金をFlowブロックチェーンのコミュニティや開発企業に注ぎ込むことができるため、今後はよりスピーディーな展開になると予想される。

Flowブロックチェーンを利用したサービスも下記のリンクのように、123を増加してきており、資金調達も合わせて、盛り上がりを見せている。

www.flowverse.co

 

Flowの時価総額は現在1,100億円程度で、直近8月末の高値から30%ほど下落した位置にいる。

以前の記事で書いたように、当初購ICOなどで購入した人たちのロックアップ期間があけて、この10月くらいから元金部分の売却を大量に行うかもしれないので、買うタイミングは様子を見ると良いが、今後の成長性は十分期待できるブロックチェーンであることは確かである。

引き続き、ウォッチしていこうと思う。

f:id:qqqqchan:20210930052611p:plain