米大リーグのNFT市場「Candy Digital」が遂にオープン

ランキングにご協力下さい。日々の励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

口座開設するならこちらの取引所がお勧めです。

コインチェック

フォビジャパン(Huobi Japan)

f:id:qqqqchan:20220121051400p:plain

www.coindeskjapan.com

キャンディ・デジタル(Candy Digital)は米大リーグ(MLB)のNFT市場を1月15日にオープンした。

6月にMLBとの提携を発表した同社のNFTマーケットプレイスは、最初の8時間で取引高が100万ドル(約1億1000万円)を超え、週末の取引高は270万ドル(約3億1000万円)に達した。

今回のMLBのNFT市場の取引高は、現在、毎日約200万ドルの取引高を記録しているダッパーラボ(Dapper Labs)の人気NFTトレーディングカード「NBA Top Shot」に匹敵するくらいの規模で、順調な滑り出しである。

どんなマーケットプレイスになっているか、以下のリンクでみてほしい。

メールアドレスを登録すれば中身が見える。

大谷翔平のトレーディングカードは欲しくなってしまう。25万円くらいするが。

https://mlb.candy.com/

 

キャンディ・デジタルのマーケットプレイスは、パーム(Palm)ブロックチェーン上に構築されている。

もともとOpenSeaマーケットのイーサリアムブロックチェーンが利用されていたが、手数料が高すぎて、ビジネスが維持できないと判断した結果、自前のマーケットプレイスでPalmを使ってサービスを立ち上げている。

Palmについてはよくわからないが、手数料が安価で高速のブロックチェーンのようだ。

 

今回は米大リーグのNFT市場をオープンしたが、当社はこの仕組みを利用して、8〜10のNFTを立ち上げる予定だという。

投資家は同社の可能性を認めており、同社は昨年10月、1億ドル(約110億円)の資金調達を行い、評価額は15億ドル(約1700億円)に達した。資金調達にはソフトバンクも加わった。

 

今はNFTマーケットプレイスといえば、OpenSeaの独壇場だが、イーサリアムの手数料高騰の問題は根深い。

NFTの供給者は、ビジネス判断から、独自のマーケットプレイスを立ち上げたり、イーサリアム以外のチェーンも利用できるマーケットプレイスを立ち上げたり、動き出している。

今年はOpenSea一強時代に風穴が開く年となりそうだ。